診療内容

  1. はま内科・神経内科クリニック
  2. 診療内容
  3. もの忘れ(認知症)外来

診療内容

もの忘れ(認知症)外来

もの忘れは、年をとれば、誰でもある程度起きることです。

しかし、年をとればとるほど、アルツハイマー型認知症に代表される「認知症」である可能性が高くなります。しかし、同じ認知症でも脳血管性認知症のように「予防ができる認知症」もありますし、甲状腺機能低下症や慢性硬膜下血腫など「治療できる認知症」もあります。

以下のようなちょっとした変化がありましたら、ご相談ください

  • 最近もの忘れが多い
  • 同じことを繰り返し話したり、尋ねたりする
  • 今までできていたことができなくなった
  • ささいなことで怒りっぽくなった
  • 以前より口数が少なくなった

アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症は四大認知症と言われています。
まずは、認知症のタイプをしっかり診断をして、現状を把握する必要があります。
たとえアルツハイマー型認知症と診断されても、認知機能を改善、維持可能なお薬を処方したり、認知症の周辺症状(行動・心理症状)への対応をしたり、介護保険等の医療資源を活用したりといった、さまざまな方策がありますので、安心してご相談ください。

高齢者の運転免許更新に伴う、医師の診断書作成を行っています。

平成29年(2017年)3月から、改正道路交通法が施行されました。

75歳以上の高齢者の自動車運転免許証の更新に際して、認知症の可能性が指摘された場合、診断書の提出が必要になります。
当院では、画像診断を含む認知症の診断書作成を行っています。

料金表はこちら

  • 当院医師は、認知症の診療に習熟しており、かかりつけ医でなくても診断書の作成が可能です。
  • 診断書には頭部の画像診断を行うことも推奨されています。院内にあるCTにて即日検査可能です。

採用情報

当院では現在、看護師さん(パート)を募集しています。
未経験の方、ブランクのある方も大歓迎です!詳しくはこちらからご覧ください。

採用情報はこちら